[Vol.183]2003年78日(火)放送分

 

↑収録開始直前。


 今週のスタジオは『スーパービンゴ』の話題でもちきりでした。
奥田:「いや〜、『ビンゴ』凄いね」
音声M:「本当に熱いッス、やっぱあのフォッフォッツ!はたまらないですね」
奥田:「いや〜、俺聞いたこと無いんだけど・・・」
圭さんの気分を損ねてしまった音声M、彼は『スーパービンゴ』でかなり良い思いをしている一人です。

↑引いてないんですよプレミア

↑ちなみに一番左の人です

音声Mのプロフィール
パチスロ歴5年
好きな機種:『キンパル』・『巨人の星』・『大花火(花火百景)』・AT機全般目押しレベル“ビタ押し”(プレッシャーにはとことん弱い)
ちなみに3年ほど前は毎回転“7”を目押しするなど、スロットの熱い部分を1/10も堪能していなかった。

しかしパチプレスタッフと出会い今では知識2流・腕1流、リアクションは超S級になった。


さてこの音声Mはスタッフの中でも引き強として有名。
最近では『マジックモンスター』で万枚を達成するなどとんでもない奴である。
そんな彼は、『スーパービンゴ』で10回以上のプレミアムを経験している、中でも1日で4発という記録保持者でもある。
音声M:「いや〜最高に熱かったのは1日でプレミアムを4回引いたときですかね。あの時は「111」と幸先良いスタートを切って喜んでいたらすぐに「333」が来ちゃって参りましたよ。連チャンはしないだろうと思っていたらその次の当たりも「333」、プレミアムって意外と来るものなのかと思っちゃいました。それから「33」がガンガン連チャンしてそろそろ終わりかな〜とか思っていたら「フォッフォッ」が止まらなくて「777」、あの時は万枚近く出ちゃいました、ハッハッハッ・・・あれっ・・・」
奥田:「カチーン!」
今だ1回もプレミアムBCを引いていない圭さんがこの話を聞けば頭に来るのも無理はない。
しかし確率以上にプレミアムを引ける人意外と多いんです、その逆ももちろんあって50回BCを引いていてプレミアムが1回もない人もたくさんいますし・・・圭さんとはいいませんが・・・。

↑収録後のひととき。


さて。この話を聞いていた愛ちゃんが黙っているわけがありません。
岩清水:「VTRでもフォッフォッって聞けなかったから生で聞いてみたーい」
というわけでこの収録の後愛ちゃんは『スーパービンゴ』勝負に出掛けました。
結果報告は次週のスタジオで・・・。

(田上D)担当