[Vol.182]2003年71日(火)放送分

 

↑乗り換え男。


 スロット知識一流の渡辺Dが最近変わりつつある…。
スタジオではもっぱらスロット談議に花を咲かせていた彼は最近スロットの話をしない、というよりは別のものにはまっているようだ、そのものとは…バカボン』

↑バカボンをアツく語る。

そうなんです、渡辺Dはスロットでかなりの負債をかかえ脱スロット(今だけとは思いますが)パチンコへ乗り換えたのです。しかしこれが的中〜。『バカボン』でものすごく勝っています。しかも独自のオカルトも次々と発見し、楽しくてたまらないとのこと。
渡辺「だってスロットじゃ勝てないんだもん…」
この原稿を書いている翌日一緒に打ちに行く約束をしたものの渡辺Dは
「俺、スロットでやられたらすぐに『バカボン』打つから…」だって。
渡辺Dを昇天させるスロット出現がスロット復活の鍵を握るでしょう。
 

↑愛ちゃん、渡辺D発オカルトを頭に刻み込んだもよう。

スタジオでも独自のオカルトをあたかも攻略法のように教える渡辺D、真剣に聞く愛ちゃんもすごいけど…。
『バカボン』にはまっている皆様方、渡辺Dのオカルトを聞きたい方は番組までメールをお寄せください。

 さてオカルトマンの話はコレくらいにして今回実はデビューを果たしたスタッフがいます。その人物とは尾崎 真←管理人さん写真とってないだろうな…
この尾崎さん、今までは主にパチプレの音声を担当していたのですが今回からカメラを担当、かなり緊張していましたが無事に収録を終えたようです。

↑“若干挙動不審”(!?)男、尾崎氏。(田上D、君が言うな!)
パチプレにどんな色を加えてくれるか楽しみです!

私が観た尾崎さんはかなりクール若干挙動不審パチンコパチスロを愛していないのが引っかかりますが、カメラを担当するのならこれから出費がかさみますよ…。
勝てばいいのだ!
圭さんと愛ちゃんも、カメラマンデビューの尾崎さんを助けるかのようにノーNG。いつもそんな感じでお願いしますよ。
というわけでテレビをご覧の皆様、次回パチプレから内容だけではなく、カメラワークにも注目してください。かなりその人の色が出ているはずです。

(田上D)担当