[Vol.157] 2003年1月7日(火)放送分

↑アントニオ猪木は人気者

↑で・・・圭さぁ〜ん

 

 みなさん、あけましておめでとうございます。今年も『パチプレTV−R』よろしくお願いします。ちょっとお正月の挨拶としては、遅いような気がしますけど、放送の都合なので、しようがありません。
もう初打ちをすまされた方ばかりだと思いますが、2002年は、皆さんの「パチンコ収支はどうだったんでしょうか」?

さて私たち『パチプレTV−R』のスタッフは、2002年収支的にはどうだったのかというと、これはあくまで、私藤崎の想像です。
まず番組MC陣は、奥田圭さんが、プラスでしょう。やはり『ミリオンゴッド』の『神』に選ばれし者として何度となく神を降臨させ、そのおかげでプラス。岩清水愛ちゃんは、相変わらずの『海物語』オカルト炸裂で、プラス。ばってん城次さんは、大幅のマイナスという状況でしょう。

↑今年もこの姿をたくさん見ることができるでしょう。

↑だからジャマなんだってば。収録終わったんだってば。


裏方のスタッフ的には、私は2002年は結構プラスだったと思います。田上Dはほぼプラスマイナス0。渡辺Dはちょっとマイナス気味かな。園田Dはあまりよくわかりませんが、何となくプラスなのかなという感じです。こうして見てみると知識があるのは、渡辺Dや田上Dなどのディレクター陣ですが、あまりプラスにはもっていけず、MCの二人は結構プラスという状況。つまりは知識ももちろん大事だが、“引き”の強さが勝敗を決めるのかななんて考えてしまいますね。

“台選”・“引き”・“テクニック”。一番大事だと私が考えるのが“引き際”。これらがうまく絡み合えば、常勝も夢ではないかも。
そういうことを日々考えながら、スタジオセットで、それらを磨いている私藤崎をはじめとしたスタッフ陣でした。

さてスタジオ原稿という感じではなかったのですが、とにかく2003年が、スタッフそして視聴者の皆さん全員がプラス収支になることを祈っています。

(藤崎P)担当