[Vol.117] 2002年4月2日(火)放送分

↑これが新プロデューサー
藤崎太基だ!

↑挨拶もそこそこに、さっそくコレに手がのびる。
田上D「あの〜仕事したいんですけど」。
いつまでも離れない新Pであった。

颯爽と登場。藤崎P。

収録スタジオは初めてらしい。爽やかな笑顔でスタジオへと入ってきた。
テンションは高い。しかも、声がいい・・・良く通る。
職業柄話にもテンポがある。
やはり、パチプレの新Pということで、無類のスロット好きだということは言うまでも無い(写真参照)。

新台情報や特集のビデオが流れている時は静かに見ている。←さすが。

が、一旦収録が休みに入ると・・・やはり、よく喋る。プライベートな事も小声(声が通るから・・・小声?と言えるのか)で?。

話が一段落すると、サンダーの前へ歩いていき徐に摺りはじめた・・・。

藤:(・_・)......ン?入った・・・・
田:ダメですよ。揃えちゃ・・・
藤:ええっ?
と言いながら、サンダーのBIG音楽がスタジオに流れ初めてしまった。
藤:ええっ?揃えちゃダメなの?
田:そりゃそうでしょう。・・・まぁ、仕方が無いですね。第56回リプレイ外し大会をやりましょう。
BIGを消化するまで、しばしの休憩。Unn・・・

しかし、新P・・・恐るべし。しかし、ちゃんとMC収録へのチェックも怠らない。
こだわる・・・こだわる。
やはり、良い番組つくりに関しては貪欲なのが・・・手にとるように感じられた。

さて、新P・・・多忙な中どのようなスタジオの展開になるのかが楽しみである。

(管理人某)