[Vol.103] 2001年12月25日(火)放送分

強いのなんのって。ウフッ。

 さて、2週続けて私HP管理人がスタジオへ登場することになりました。
なんと、某丸田P殿は「激忙」に「多忙」が加わり「過労」気味。私に会いたくないのかスタジオへは来て頂けませんでした。

 まずは我らが
奥田大先生「引き強っぷり」
引きが強いといっても大先生はスロって無いとのこと。メディアのお仕事をされている方はこの時期「激忙」のはず。ご多分に漏れず大先生も好きなスロにも行かず多忙な毎日を過ごされているらしい。

:いやぁ〜引きが強くて・・
:そうなんですよ。大先生は「引きが〜」
:おれもそう思うよ。
:なんでスロっても無いのに引きが強いんですか?
:それはね・・・

収録の二日前に待望のお子様がお生まれになったらしい。で、大先生曰くその日はスケジュールがいっぱいで夕方から北九州へいかれる予定だったみたい。激忙の中、朝から奥様を病院へ送り届けそのまま仕事を
華麗にこなし、合間を縫って電話で確認したり。そんな一日を送っていたらしい。
夕方になって駅へ向かう車の中「15分くらいだったらお見舞いにいける」と思った大先生。そのまま病院へと車を走らせ病院へ到着。そして病室へと急ぐとなんと・・生まれる前だったらしい。急遽白衣に着替えて立会い
(←私には出来ませんが)見事に新しい命の誕生の瞬間を「引き当てた」そうです。
でもそこは「激忙」の大先生。看護婦さんに
「じゃぁっ!」と言って
颯爽と駅へと向かったらしい。・・恐るべし「引き」

 
今週は
師匠がスタジオに登場。黒いコートを着て。・・なかなか似合っている。

↑あの悲みは、忘れんと辛すぎるばい。ふぅ〜。

:忘年会はどぎゃんなっとっと?←どうなっているの?の意
:今のところ予定は無しですね。
:そぎゃんね←そうなの?の意・・そりゃ寂しかねぇ〜
:せっかくだからやりましょう
:だろぉ?焼肉屋がよかねぇ。予約ばせんと←予約しないとの意
:プロデューサーに聞いてみますよ


:でも、今年の後半は負けたねぇ〜
:前半はどうだったんですか?
:前半?そぎゃんこつは←そんなことはの意・・・もう忘れたばい。

師匠は今年○○○K程△らしい・・・やはり△は少しでも早く忘れたい・・確かに。さすが師匠ともなると桁が違う・・・。

↑これはセリフが「決まった」・・とこ?

 もう一つ師匠ネタ。
収録も終わり「サンダー」に興じる師匠。ホールじゃなかなか引けないFLGを引いたみたいだ。1枚でBIGを揃えようとしている。
左リールに3連Vを止め、次に右リールにもVを止め、最後にかっこよく中リールを止める・・・。ハズだったみたい。右の親指を肩口くらいまで上げて・・「ドン」
そうです。張り切り過ぎてボタン以外のところを「強打」したらしい。
ソレを後ろで見ていたリチャードがボソッと・・・

:「何で回って無い所でそんなんやるかなぁ〜回っているところでお願いしますよ」←提供バックにと狙っていたみたい
:「・・・」
揃えるのを諦めて帰ろうとする師匠
:「んじゃ、お疲れぇ〜」
サンダーでコイン補給になり台を開けるリチャード・・すると、コインが数枚床に落ちる「ちゃり〜ん」といい音がした。
:何?何の音??と振り返って一言。何ねぇ〜コインね・・お金だったらダッシュで拾うのに・・

師匠がそんなこと言わないで下さいよぉ〜・・・賑やかな師匠がスタジオを出ると一気に静かなスタジオが戻ってきた。

 もう一つ。
愛ちゃんのこと。
今週の特集はすろっトーナメント・・。対戦機種は「ゴルゴ13」・・・師匠があんなに頑張って10%の才能と・・・と雰囲気を盛り上げてやってましたよね。実は愛ちゃん。トーナメントのVTRが始まるまで「ゴルゴ」とは気がついてなかったみたい。どうした愛。来年はもう少しスロットも勉強するって・・本人も言ってましたよね。

(代理:管理人)