[2001年8月28日(火)放送分]

↑スタッフ一同勢揃い・・話すはパチ話か?

田上:「もしもし」
丸田P:「はい」
田上:「あのー、今週の新台情報は企画とかぶると思うんですが・・・何か書いた方がいいですか?」
丸田P:「そうだなー・・・、じゃースタジオ原稿書いて」
田上:「わかりました、新台はOKですね。」
丸田P:「OK!OK!オレ激忙だからスタジオ原稿よろしく」
丸田P:「ただ、俺ネタの【危ないヤツ】はヤメといて」
田上:「えー、ダメなんですか?いっぱいあるのに・・・。」
丸田P:「やっぱさー、俺にもイメージってモノがあるからさー、その辺はよろしく、じゃー、俺、激忙だから・・・ツーツーツー」
というわけで丸田P激忙につき、今週のスタジオは田上が担当いたします。

今週スタジオで一番輝いていたのは園田D。
園田Dは、いつもテンションが高く、スタジオの雰囲気を一気に変えてくれるすばらしい人です。
しかし、この元気の良さがあんな災難を起こすとは・・・。


シーン(1)番組前告知部分の撮影時(番組の前にこの後番組が始まりますよという宣伝部分)
奥田:「パチプレTV−Rこの後すぐ!!」
奥田先生の締めコメントがピシャリと決まった。
その瞬間!!
園田D:「ルルルルルルルルッらい、オッケーです」←うなる園田D
(↑舌を使って振動を起こし「ル」を鳴らす感じ)

翻訳:オーライ、OKです
出演者を乗せる最高のオッケイ、スタジオの雰囲気も一気に盛り上がる。
さらに・・・


シーン(2)新台情報受けMC部分の撮影時
今度は愛ちゃんの締めコメントが決まった。すると・・・
園田D:「ルルルルルルルルッらい、オッケーです」←再びうなる園田D
スタジオの雰囲気は最高潮に!
園田D:「じゃー次企画いきます。」←テンション激高


シーン(3)企画受けMC部分の撮影時
MCのトークが一通り終わり、圭さんが締めのコメントを決める。
奥田:「この後は新台入れ替え・導入情報」
その時!
園田D:「はい・・・。」←テンション激低 
出演者、スタッフ共にに察した模様・・・。園田Dは苦笑している。
園田D:「もう一回行きましょうか」←申し訳なさそうに
そう、ここに来てハイテンションが裏目に出てしまった。
スタジオの空気が重くなる。
MC2人はショックを隠せない。
奥田心の声「いやー、今のはいけてなかったんだ、次はがんばろう」
岩清水心の声「今日の晩飯何にしようカナ〜」

園田D:「はい、もう一回行きます。」
そして再び圭さんの締めコメントが決まった。
園田D:「ルッらい、オッケーです」←かなり小声で短いオッケー
※比較「ルルルルルルルルッらい、オッケーです」
←ピーク時のOK
園田Dのオッケーが出たものの、ピーク時との差は歴然としていた。
奥田・岩清水「あんまり良くなかったんだ?」
園田D:「い・いやオッケイですよ・・・」←バレバレ

↑本文とは関係ありません

その後、スタッフの懸命な盛り上げによって奥田・岩清水がハイテンションを取り戻し、無事に終了した。
私は同じDとしてすごく勉強になった。
【最高のOK】は最高に出演者を乗せることが出来るが、その反面、出演者のテンションを一気に下げることもあるのだということを・・・。

PS:スタジオ収録はMC陣が妥協することなく無事に終了しました。
冒頭で書いた丸田Pの危ない話は次回スタジオ原稿を担当した時に書きたいと思います。

(田上D)