[12月26日(火)放送分]

 

↑これが2年前の愛ちゃんだ!
う〜ん初々しい。

 今回の企画で登場した2年前岩清水先生、う〜ん可愛かった。というわけで今回、スタジオの主役は岩清水愛先生(以後先生)となりました。
 スタジオ部分の収録前に先生以外のスタッフには
「今日は先生を振り返るVTRがあるから先生には、くれぐれもバレないように」
という指示が出されていた。
いつも通り、番組の構成表を先生に渡す、すると先生は

岩清水「おい、田上!あの人は今?のあの人ってよ。」
田  上「いや〜、あの人ですよ、あの人、マッパチとか大崎さんとか大津さんとかですよ」
岩清水「そうか、一万発達か」

「あぶない、あぶない」というのもつかの間・・・・。

HP管理人「でも、先生の昔のお姿を見たいですよね」←言っちゃだめってば
岩清水「ばかやろう!、恥ずかしくて見れるわけないだろう、まったく、ブツブツブツ
スタッフ全員「どきっ!」

HP管理人が暴走し始めている、これはやばいと判断したスタッフは、「はい、それでは収録を開始しま〜す!」

奥  田「えー、もう」 ←またサンダーで遊んでいた
岩清水「私はいつでも準備オッケイよ」
というわけで何とかバレることなく収録はスタートした。
そしていよいよ先生の懐かしいVTRスタート。

↑懐かしい(しみじみ)。

先  生「きゃ〜〜!」

先生のお顔は一気に真っ赤に染まる。
スタッフ全員「いやー、懐かしい」

もう、先生はいても立ってもいられない状態。
岩清水「はやくVTRを止めて、やめて〜!」

↑恥ずかしがってスタジオの隅っこに逃げ込む先生。

VTRが終わると先生は目にうっすらとを浮かべている。
よほど恥ずかしかったのか、それとも思い出し涙か・・・。

スタジオに集まったみんなが懐かしさに浸っているその時!

「ディロンディロンディロン」←サンダーの予告音
奥  田「いやー、サンダーはやっぱり熱いね」

今回もびしっと締めた奥田先生、あなたはやはりすごいお人だ。