4月11日(火)放送分 vol.14

↑音がする原因が判らず、皆で探究中。
 この後、Sのキビシー一言が愛ちゃんを襲う!

今週のカメラはマニアックカメラマン、そして影のプロデューサーこと「カメラマンS」。
僕よりも偉いです、この人。そしてパチンコに関する知識は広範かつ深遠。
何でそんな事お前知ってんだってな事まで、わざわざひけらかす。口うるさい。

そう、今週のスタジオは彼が主役なのである。

○オープニング

ブツブツと音がうるさいらしい。どうやら岩清水がつけているビーズが原因の模様。
動くたびにマイクに当っている。S、つかつかと岩清水に歩み寄り、一言。

S:「困るなあ、こんなの。マイクに当るってわかってんじゃん。素人じゃあるまいし

キビシー。
 
○企画コーナー部分

空き時間に奥田先生、アレジンと戯れている。なかなか当らない、当らない、当らない・・・業を煮やした先生、ムキになってしまった。しつこくやり始めた。

10分経過。

おお、ついに当った!!  すぐに終わるだろうと踏んだスタッフ。
ところが予想外に連チャンし始める奥田アレジン。テンポいいぞ。現在3連チャン。
それを見ていたS、カメラマン魂に火がついたのか、いきなり回(収録)し始める。ウィーン・・・・すると、いきなり終了!
納得がいかないのか?カメラマンS。奥田大先生に向かってこうのたまった。

S:「なんで、そんなカメラ回るとダメなんですか」

…おいおい。

プレゼントソフト・インサート撮影

準備に30分。カメラマンSやっぱ違うね。コイン1枚の並びも気になるようで、何度もモニターとカメラを行ったり来たり。微調整に忙しい。

S:「ここの盛り上がりが、ちょっと気に食わないなあ」
S:「ここもう少し、コイン増やせないかなぁ?」
S:「うーん、テカッてんなあ(光が反射している)。ライト映り込んでるよ」

なおかつ自分の好きな台をなるべく前に出したい模様。並びを変えたりしている・・・さすがにこだわりを忘れません。


○岩清水のコメント収録

岩清水:「今週のプレゼントはこちら、カンフーレディとスターダストの2つです。」
田上D:「ハイ、OK!」

現場のみんなはOKだと思った。勿論、僕も・・・ところがカメラマンSは違っていた。

S:「アレはスーパースターダスト2で、スターダストじゃダメだよ」

確かに「スターダスト」だと1・5号機(でしたっけ?)で厳密には正しくない。
スーパーも入れるしコメントだから省略しても、という意見も出たが、

P:「いやぁ、どうかなあ?」

うん、確かに正論だ。じゃ、もう一回撮り直そう。

田上D:「それじゃ、愛ちゃん手持ちで1ショットから、プレゼントをあげて…」

と言いかけたところで再びS。おいおい、カメラ止めちゃったよ。

S:「あのさ、何でワザワザ上げなきゃいけないの。前のカットが…」

説教を受ける田上D。

田上D:「はい、すみません」
S:「もう何にも分かってないんだから」

…こうしてパチプレは作られるのである。
恐るべし、影のプロデューサーそしてご意見番ことカメラマンS。
君が居ないとこの番組は成り立たないぞ。