4月4日(火)放送分 vol.13
 やってしまいました。遅刻。いや、大遅刻  
電話が鳴っている。液晶には田上Dの名前が。 ハッとして時計を見ると10:30。
集合時間は10:00。あああああ。

こうなったら逆ギレ(←良く使う手)してやる、と電話に出ると  

↑Pと田上Dを穏やかに待つ心優しき人々。文句も出ないのは、
自分もいつ「同じこと」をするか、わからないから?

「すみません。実は僕も家なんです」と田上D。

なんだ、お前もか。じゃあ、良いや・・・って全然良くない!
VTRを持ってるの田上Dだし、原稿は僕が持ってる。
つまり二人がこないと始まらない。

すまん、みんな。今日はあきらめてくれ。
スタジオについたのは12:00。2時間の遅刻。うーむ。

「おはよう」

精一杯明るい声で挨拶をしてみた。返事が無い。

「さあ、時間も無いし、はじめようか」

皆、目を合わせない。今日は自腹ルーレット開催のため、スタジオ入りしてもらった城次もいる。
ハゲづらに花嫁衣裳で向こうを向いてタバコを吹かしている。「ふーー」だって。
奥田先生、パソコンに一生懸命で顔も上げない。
岩清水、小川さんとおしゃべり。こっちすら向かない。
渡辺D、サンダーと戯れている。当然シカト。
むむむ。
何でこんなに冷たいんだ、こいつら。埒があかない。ためしに言ってみる。

「みんなジュースでも飲む?」

歓声が上がる。岩清水、

「何がいいですかー?」

率先してみんなにオーダーを聞いてまわる。渡辺Dにいたっては、

「俺、今日は飲むもの決めてんだー」

だって。こいつら、いつか見てろ。(賢い視聴者は、バックナンバーVol6付近参照のこと)


↑セクハラ発言のムクイを受ける。

 さて今日のスタジオの目玉である自腹ルーレット。
注目の配分は小川さん、城次の両人が3コマのビハインド。
城次、「親方がいく!」での淫らな行為の反省を求めるべく3コマ。当然だよね。  
小川さん、城次の甘言に乗って

「あんなに楽しいことが夜に行われているなら、自分も行きたい」

とついクチを滑べらせた失言ペナルティで3コマ。小川さん、あなたは番組の良心なんだからそんな事言っちゃいけません。余計なことは言わない方がいいね、自腹ルーレットの日は・・・。
独特の雰囲気がスタジオに漂う。この緊張感はなんとも言えない。

全員が回転する光の行方を追う。減速した光は3コマある小川さんの場所であっさり停止()
みんな大喜びだが、ふと小川さんを見ると悲壮感が漂っている。うーむ忙しくてパチンコを打つ暇の無い小川さんにとっては大変でしょう。でも、視聴者の為に頑張ってプレゼントを獲得してきてください。


 ついに新企画「イッチマン」が始動。詳細は来週堂々の発表です。
ちなみに今日「イッチマン」がスタジオに登場。
撮影の時にこんな出来事が。
椅子に座るイッチマンに声をかけるスタッフ。

(イッチマンを見て)精悍だねえ。いやいや、立たんでいい」

精悍と言われたイッチマン、誇らしげに立ち上がろうとしたんです。それを止めたんですね。
でも岩清水にはこう聞こえたらしい。

「性感、立たない?えっ、なんですか、昼間っから」←マジ

お前こそなんだ!!昼間っから。死んでしまえ。