3月7日(火)放送分 vol.9

 2週間ぶりのスタジオ収録。私Pは心待ち緊張気味。
なぜかと言うと先週熊本居残り組に「あいつらはいらん」と宣告されたのを気にしているのである。
ちょっと自分がかわいい。
という事で今日はちゃんと起きて出勤。エライ、俺。  

 今週のスタジオは視聴者の大森さん夫妻が見学に来てくれました。ゲーマーの旦那とテディベアな奥さん。ちなみにパチンコをするのは奥さんの方だそうだ。頑張れ旦那。 大森さんのHPはこちらにありますので一度訪ねてみてください。  

 旦那さんのHP
奥さんのHP


 時間は10:05
スタジオは大体準備が出来たようだ。セットOK。見学者も来ている。
小川さんも岩清水もスタンバイ完了。
カメラマン・音声さん、今週のDである渡辺君も準備は万端。
管理人はデジカメを構えている。

はて?誰かが足りない。芸能生活20周年・奥田先生だ。
あの野郎2週間ぶりに会うという日に遅刻してきやがる。
さすが大御所。仕方が無いので先生を待つことに。
現在時間は
10:20

10:43 携帯が鳴る。案の定先生から。


:「いやあ、どーもすみません。ちょっと遅れちゃってて。もう着きますから」

↑気配りを忘れない男、ダンディー・おくだ。でも遅刻はチコク。

:「あとどれくらいですか?」
:「うーん
(思考中)、もうすぐすぐ。ちょっと待ってて」
:「…ハア、それじゃ待ってます」
:「うんうん。もうすぐだから。すぐ」


先生が到着したのは30分後。確かに
「すぐ」に来やがった。
一発皮肉でも言ってやろうとすると、目の前に包みが差し出される。

:「なんすか。これ」
:「いや、ほら、みんなに迷惑かけちゃったからさあ。お詫びのしるしだよ」
:「おっ!いきなり団子じゃないすか」
:「しかも温かいよー」
スタッフ一同:「わー、すんません。頂きます」
:「うんうん、いいんだよ。うん。そんな事気にしなくて
ほら、みんなも食べて。ほら、まだ温かいから」

さすが芸能生活20周年。抜け目がない。
いつのまにか私達が
「気にしなくていいように」なっている。
恐るべし喋り手。芸能生活20年はだてではない。


 引き続き奥田ネタ。
スタジオではプレゼント賞品を撮影する準備のため、ちょっと待ちが入った。
奥田先生、怒涛の勢いで
ストーブにかけより、暖をとる。
そりゃそうだ、まだ寒いのに今日の衣裳は半袖だもん。

こういう仕事は割と季節を先取りするもので、まだ寒い時期に夏物を着ることは良くあることです。でも今日の衣裳は薄手のサマーニット。震える先生を見かねて「大変ですね、まだちょっと寒いでしょ」と声をかけると返ってきた言葉は次のようなものだった。

「なに言ってんの、ワイハー
(ハワイのことね)じゃこれくらい当たり前だよ。
それにこの仕事は何事も先取りでしょ。
あっ、でも向こうもちょっと涼しかったなあ」(←負けず嫌い)

声をかけた私が馬鹿でした。  


 
ひき続き、岩清水ネタ。

↑スタジオの中でも外でもボケたおす愛ちゃん。

なにやら管理人と岩清水が隅のほうでこそこそ話している。

どーしたんですか?  

「いや実はですね」

ほうほう。

「朝、岩清水さんからメールをいただいたんですよ」

ええ、それで?

「もう原稿出来たのかー、早いなあと思って開けてみると」

開けてみると?  

「全然違う人へのメールでした(笑)」

ココ最近、岩清水が色んな人に全然関係ないメールを送りつけている模様(笑)。
しかも本人は全く送った覚えは無いという(←馬鹿)。
管理人によるとCCとかに名前を入れてんじゃないか、とのこと。

岩清水ー、いい加減使い方おぼえろよ。こないだも「原稿送ります」ってメール送ってきて、原稿添付してなかっただろ(笑)。メールだけ送ってきてもしようが無いんだよ。
皆さんにも岩清水からの迷惑メール、来てませんか?
もし来てたらご一報ください。スロットお守り差し上げます(笑)。
久しぶりだったからなんか疲れたなあ。それじゃ、また来週。