2月22日(火)放送分vol.7

今週はきちんと起きました。してません、遅刻。偉い俺。
「今週は奥田さんお休みだし、大丈夫かな―」と寝起きのボーとした頭でスタジオに行くと、 なにやらいつもと違う・・・一つは分かる。
パチプレ編集部のアルバイト白石君がスタジオ見学にきている。

無謀にも自腹ルーレットにも参加した男気のあるヤツ。
白石(←もう呼び捨て)、また遊びに来い。
・・・いやこのことではない。大きな異変が起こっている。
さて、今週のスタジオは何が起こっていたのか?

<今週のスタジオの異変
その1「奥田、ワイハーに行ってお休み」
その2「隙あらばMCを狙う城次、スタジオを奇襲」
その3「小川さんもMCとして出演」
その4「HPのデザイナーO嬢がスタジオを訪問、浮き足立つスタッフ」

↑圭氏と入れかわっただけで、番組の雰囲気ががらっと変わる。さすが城次!


■その1「奥田、ワイハーに行ってお休み」
3月にオープンするお店の仕入れにワイハーに行っている模様。
詳しくは「今週の置くだけ意」にありますので割愛します。向こうでの楽しい日々をどうしても伝えたいらしい。わざわざ画像まで送ってきやがった
(これまた『今週の置くだけ意』参照)ちょっとむかつく。

その2「隙あらばMCを狙う城次、スタジオを奇襲」
衣裳の打ち合わせをしたのは前日のことでした。

:「Pさん、明日はパリっとした方がよかとだろ?」
P:「そうっすね、明日はMCだし。ちゃんとした方がいいでしょうね」
:「そがんね。ならタキシードでん着て、パリッーとした格好ばしようか?」
P:「おっ、いいっすねえー、タキシード。それにしましょうよ」
城:「うん。分かった。ほんなら明日はピシーッとしていくけんね」
P:「ええ、久しぶりにパリっとしたやつでお願いしますね」

で、収録当日。ヤラレマシタ
タキシードは上半身だけ。下半身は「らくだ」
(註)
この人のことはもう一生信用しません。

()「らくだ」・・・毛織物毛糸の一種。らくだの毛から製したもの。灰褐色。「━のシャツ」。(広辞苑より)
要するにおじさんたちが愛用する防寒着衣。股引のことですな。

その3「小川さんもMCとして出演」
岩清水が信用できない渡辺D
城次だけでなく小川さんもMCとして参加させることにしたらしい。二人のとめどない話もこの人ならきっと止めてくれる、と。ナイス判断。
ところがその作戦が裏目に。渡辺Dの期待を一身に背負う小川さん、勝手が違うのかいつもより口数が少ない。岩清水と城次はやりたい放題。
今日のMC枠は尺が取れないって言ったにもかかわらず、止まらない二人。

そしてこの言葉。
「編集はアッチの仕事やから、俺らには関係なかたい」(by城次)


■その4
「HPのデザイナーO嬢がスタジオを訪問、浮き足立つスタッフ」
このHPをデザインしているのが、この「O」さん。現在26才未婚。熟れ頃。
スタジオはライオンの檻に肉を放り込んだような状態に。危し「O」嬢。
城次を筆頭に興味津々なスタッフ。よく見てみると面白い。

渡辺D ・・・「今度、俺の画像に<本当は格好良い渡辺D>とかって書いてくださいよ」
     デザイナーと分かるやいなや、早速を売る「変わり身の早い」男。
田上D ・・「俺の原稿に<恥ずかしい内容>って文句をつけたのは、あなたですか」
     といきなりけんか腰(笑)。
     誰だって人のノロケ話は面白くないって。

小川さん・・・「貞子に似てません?」
     そりゃ失礼だって。
城次  ・・・「今度おいしかもんば食べにいこか?」
     お約束。
ちなみに帰りの車の中でのこと。
もう一発、城次。
「スラーとしたよか人なー。女優の中谷美紀に似とらすねえ。よかおなごなあ。
ところでPさん、連絡先は知っとるとね?」(←最悪)

さて、ここまで全く話題にのぼらない番組アシスタント・岩清水愛
いつもより声が良く出ている。いつもより生き生きしている。
うーむ・・・・・もしやと思い聞いてみた。

P:「今日は(いつもに比べて)やりやすいの?」
岩:「城次さんがいてくれるといいですね」(←マジ)

今週、最もいつもと違っていた人 ⇒ 岩清水 愛